古いお金を買い取ってくれるところ

古いお金を売りたい

古いお金はどこで換金する?

古いお金,どこで換金

親父が古銭収集家だったこともあって、手元にかなりの古いお金があったんだけど、これをどこで換金すればいいのかわからなかったわけ。

 

自分でも色々調べてみたんだけど、場所によってすごい差があるのにびっくり。最初は近所の質屋に持っていったんだけど、状態が悪いとかなんだとか言われて二束三文にもならないんだよね。

 

ネットでも調べてみたんだけど、お店によってかなり買取額に違いがあるみたいで、やっぱりちょっとでも高く換金してもらいたいものとしては、業者選びがとっても重要。

 

同じ買取業者でも、色々な専門があるんだけど、古いお金を換金したいんだったら、やっぱり古銭買取を専門にしている業者がいいよね。

 

親切な業者とかだと、詳しい説明をしてくれたり、売るタイミングとかも教えてくれるからオススメだね。なかには出張買取とか無料査定なんかをしてくれるところもあったりして、かなり便利。

 

色々査定してもらえば大体の相場も分かるし、どこが高く買い取ってくれるかも分かるからオススメだよ。

古いお金を買い取ってくれるところはどこがおススメ?

古いお金を買い取ってくれるところ

親父の残した古いお金を換金している業者をいくつか探してたんだけど、古いお金を買い取ってくれるところで検索したら出てきたのが、バイセルっていう古銭の買取を行っている所。

 

ホームページ見てみたんだけど、まずびっくりしたのが相談、送料、査定料が無料ってとこ。実は色々質屋さんなんかにも足を運んでたんだけど、これが面倒なんだよね。

 

お店によってはすごい待たされたくせに安い査定額だったりして。バイセルだったら持ち込み以外でも、出張とか宅配もできるからすごい便利だね。

 

しかもうれしいのが他の業者と比べて1円でも安かったら全品返却してくれるっていうサービス。

 

正直なところ個人的には古銭は興味がないから、高く売れるところだったらどこでも良いんだけど、この点バイセルは最高値で買い取ってくれるっていうことだからすごい良いよね。

 

実際に電話もしてみたんだけど、対応も親切丁寧だったから安心できたし、分からないことなんかも教えてくれるから、知識がなくても全然大丈夫だったよ。

 

古いお金の記念硬貨を買い取ってもらった話

古いお金,記念硬貨

家にたくさん古銭があったんだけど、そのなかに混じって記念硬貨っていうのが結構あったんだよね。

 

この記念硬貨っていうのはオリンピックとか天皇陛下関連の記念年なんかに発行されるお金なんだけど、場合によっては何十倍にもなって買い取ってもらえる場合があるわけ。

 

でもこの買い取りっていうのが難しくて、場合によっては記念硬貨の保存状態が悪くてかなり安くされちゃったり、買い取ってすらもらえないものもあるんだよね。

 

今回はバイセルっていう業者で買い取ってもらったんだけど、送料と査定量が無料だったし、全部買い取ってもらえたのは感動だったね。

 

というのは事前に別の業者に査定してもらったんだけど、保存状態が悪いとかセットになっていないからとかで買い取り拒否。

 

そういう古いお金でもちゃんと買い取ってもらえるのがすごいと思ったわ。肝心の金額もほかの業者よりも高かったし、対応もすごくよかったから、これからもまたお願いすると思うな。

古いお金をきれいにする方法ってある?

古いお金,きれいにする方法

古いお金をきれいにする方法なんだけど、まずはお金の材質によっても判断しなきゃいけないんだよね。注意したいのが金貨だけど、柔らかいから傷つきやすいので注意が必要で、強くこすったり、磨いたりするのはNGなので注意しよう。

 

銀貨とか銅貨なんかだったら、市販のクリーナーとかで磨いてもいいけど、基本的に傷つきやすいからゴシゴシこすったりしないようにしてはダメだよ。

 

でももし古銭を売ろうとしてるのであれば、基本的には洗浄しないほうがいいね。洗い方によってはかなり減額されちゃう場合もあるし、買取業者によっては、洗浄なんかを専門的にしてくれるところもあるから、そういうのに任せちゃったほうが便利だね。

 

古いお金はコレクターとかだとしっかりケースなんかに入れて保存している人がほとんどなんだけど、そうじゃないと普通に裸で保存させていることもあるみたいだけど、それは絶対ダメ。

 

とにかく傷つきやすいし、酸化とかもするからなるべく密閉したケースで保管したほうが良いよ。

昭和の古いお金の価値ってどれくらい?

古いお金,記念硬貨

タンスを整理してたら昭和のお金がでてきたんだけど、年代によってはまだ使えるみたいだね。

 

例えば旧500円貨幣とか旧100円とかも問題なく使えるみたいで、たまに買い物のお釣りなんかでも混じってることあるみたい。

 

それでも1円未満の「」とか「」の記載されてるような通貨は使えないから古銭買取業者なんかに買い取ってもらうか、コレクションとして保存するしかないね。

 

ちなみに昭和の古いお金のなかでも、人気のあるものがあってそういうものだと価値があって高く売れるものもあるよ。

 

例えば昭和23年から28年に発行された50銭紙幣とか、昭和28年から49年にかけて発行された100円紙幣なんかは、高値で取引されているみたい。

 

でもこういう古いお金でポイントになるのが保存状態で、未使用だったらかなり高額取引されることもあるみたいなんだけど、通常の場合には額面以上の価格になることはなかったりするみたい。

 

あと通貨に印刷されている番号なんかも買い取りではひとつの参考になるみたい。

古いお金はそのまま使えるか?

古いお金,使えるか

古いお金を家で見つけたんだけど、そのまま使えるか知りたいっていう人が結構いるみたいだね。

 

よくお釣りなんかでももらうことがある旧500円貨幣とか旧100円、旧50円、旧10円、旧5円というのは問題なく使えるとして、ほかの古いお金も問題なく使えるものが多いみたい。

 

例えば聖徳太子の印刷された一万円券とか、同じく聖徳太子の千円券なんていうのも普通に使えるみたいだけど、ほかにもけっこうレアな武内宿禰1円券とか大黒像の1円券というのも、額面の価値のまま使えるみたい。

 

こういう古いお金は法律上使えることにはなっているけど、コンビニとおかスーパーのレジの人によっては、偽札だと間違えちゃう場合もあるみたいで、お店とか人によっては使えないこともあるみたいだね。

 

ちなみにこういう古いお金のなかには、年代とか印刷されている番号がレアで額面以上の値段で買い取りしてもらえるものもあるみたいだから、古いお金を見かけたらまずネットとかで調べてみたほうがいいかも。

古いお金の保存方法とか

古いお金,保存方法

古いお金があっても、コレクターじゃないとそのままタンスの中に入れてたりするんだけど、価値が高いものはしっかり保存しておいたほうがいいね。

 

というのも保存状態っていうのは古銭買取でかなり重要で、例えば保存状態が良ければ100万円で買い取れるものも、保存方法が悪いから1万円になってしまう場合もあるみたい。

 

古いお金の保存状態で注意したいのは、まず空気に触れさせないっていうこと。だからできればケースなんかを購入して、普段は直射日光などをさけて保管しておこう。

 

ほかにも素手で触ってしまうと脂がついて酸化したり変色することがあるから、手袋なんかをして触るようにすることも大切。それで少しでも触ったら、乾いた布なんかでやさしくホコリなんかを落としておくのも重要だね。

 

とくに金貨は傷つきやすいから、ゴシゴシ拭いたりこすったりしないように細心の注意を払わないとダメ。自分でクリーニングしたりするのも、専門知識がない人はやらないほうが良いね。

トップへ戻る